2019年4月19日金曜日

「調査委員会」のあり方とは


https://www.mayumedia.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%B8/
慶應義塾大学は本日、
学位をめぐる当方の異議申し立てに対し、 却下することを通知した
申し立ての経緯はこちら)。

当方からの異議申し立ては2019年3月28日付。

 学位に関する大学側の調査・認定過程が、
 次の点において不当であることを指摘していた:

1.文科省制定の「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」、及び慶応大学制定の「研究活動における不正行為に関する調査ガイドライン」に準拠していないこと

2.調査対象者と関わりの深い複数の人物を調査・認定過程に関与させ、公正性への疑いを生じさせたこと

3.調査報告書を当方に開示せず、検証可能性を妨げたこと

つまり、そもそも調査・認定過程に不備があるため、
そのような過程から導き出された結論は無効である。
大学側は、必要であれば適正な手続きにのっとって、
正々堂々と再調査を行えばよい。

ところが
この申し立てを却下した理由について、
大学側は「答えられない」とした。
当事者に対する説明責任の放棄であり、甚だ遺憾である。
大学側の一連の対応は、当方に対するアカデミック・ハラスメントと
見なさざるを得ない。

本件は
大学の事案に限らず、学校のいじめ自殺や企業の不祥事といった
あらゆるケースにおける「調査委員会」のあり方に関し、
留意されるべき問題を提起した。

すなわち、
公正性」や「透明性」が確保されない調査・認定は、
当事者の納得も信頼も得られない、という点である。

なお今回、
大学という巨大組織に一個人として立ち向かうことは
決して容易ではなかった。
だが、慶応大学の後輩や他大学の教員の方々など、
多くの皆さまからの温かな応援が励みとなった。
ありがとうございました。

また、
現在も変わらぬお付き合いを続けて下さる取引先の皆さまにも
感謝申し上げます。 

今後はより一層、
研究活動に精進していく所存です。
引き続き、どうぞ宜しくお願い致します。

>>あなたへのメッセージ

■特別講演:「大学がアカハラに陥らないために~人権の視点から~」