2021年4月20日火曜日

「生命(いのち)の安全教育」とユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(比較)

文科省などは、「性暴力の防止」を目的に、幼児期から大学生以上までの発達段階に応じた教材を、初めて作成した。

性教育のあり方についての世界標準といえば、 ユネスコが発行する『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(2018年改訂)である。この国際ガイダンスと比較して、日本の「生命(いのち)の安全教育」はどのようなものだろうか。<幼児期・小学生>と<中学・高校生>の各段階でみてみよう。

<幼児期・小学生>
国際ガイダンスは、 新たに対応すべき重要課題の1つとして「情報通信技術(ICTs)の安全な使い方」を挙げる。早くも5歳から、インターネットやソーシャルメディアについて、利点や危険性を学ばせることを推奨している。

一方、生命(いのち)の安全教育が「SNS利用の注意点」について取り上げるのは、小学校高学年向けの教材からである。SNS絡みで犯罪被害にあう小学生の数が過去最多を更新している現状(警察庁調査)を鑑みれば、もう少し早めていいのではないか。

<中学・高校生>
生命(いのち)の安全教育は、中学生以上向けには「デートDV」や「性暴力」の問題も盛り込んでいる。これらの点については国際ガイダンスも、中学生向けに「望まない性的扱われ方」、高校生向けに「暴力的、または性的同意のない行為」の問題を理解させるよう促している。

ただし国際ガイダンスの場合、性暴力などの問題を、SNSをはじめとするメディアの「性的に露骨な情報」との関係から、子どもたちに考えさせていることが大きなポイントだ。

これは、「ネット上に氾濫する性情報や性的イメージは、多くの子ども・若者にとって最初の性教育になり得る」と、国際ガイダンスが懸念しているからに他ならない。子どもたちが1日中どっぷりネット等にハマっている、という状況は海外も同じなのだから、当然だろう。

したがって重要になるのが、メディアの性情報を読み解く「リテラシー能力」の育成である。国際ガイダンスも、改訂版における新たな学習課題として、「メディア・リテラシー」を打ち出した。

ところが生命(いのち)の安全教育ではなぜか、「性情報の影響や読み解き方」(性情報リテラシー)に関する記述は見当たらない。性暴力については取り上げつつ、その性暴力をめぐる意識や価値観を形作る存在(=性情報)への言及が、スッポリ抜け落ちているのだ。

子どもたちに「性情報のリテラシー」について教えることは、性加害が「なぜ起きるか」について、社会的な背景を考えさせることにもつながる。国が及び腰なら、お先にMAYUMEDIAカレッジで、この問題に取り組みますよ。

【参考論文】
『性情報をめぐるデジタル・シティズンシップ教育の展望』(渡辺真由子著、2020年)

 







☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




 

 

 

 

 

2021年4月7日水曜日

「生命(いのち)の安全教育」と性情報リテラシー

 「生命(いのち)の安全教育」と呼ばれる新たな性教育を、文部科学省が今年度から段階的に授業に導入することが報じられている。

「生命の尊さを学び命を大切にする教育、自分や相手、一人ひとりを尊重する教育を推進し、子供たちを性暴力の加害者にさせない、被害者にさせない、傍観者にさせないための教育・啓発活動を実施する」 と文科省。

この目標を達成するにあたっては、ユネスコが発行する『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』に基づく、人権やメディア・リテラシー教育をどう取り入れるかがポイントになろう。

なかでも重要なのが「メディアの性情報を読み解く力」の育成である。
子どもたちが誤った性情報を鵜呑みにすることが、密室での性暴力を引き起こすことは珍しくないからだ。(参考:『性的同意とメディアの性情報』【包括的性教育】

折しも、私が教鞭を執るMAYUMEDIAカレッジでは、受講生たち(現役の性教育講師など)が性情報リテラシー教育教材を開発し、指導モデルの発表会を開催したばかりである。
SNSが関わる自画撮り被害や、デートDVについても盛り込まれた。

「今年度から、地元で性情報リテラシー教育の普及を始めます!」と宣言する受講生も。う~む、頼もしい。







☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア







 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/