2021年5月19日水曜日

性犯罪の暴行・脅迫要件に見直しが必要な理由(法務省検討会)

法務省の「性犯罪に関する刑事法検討会」は昨年から、性犯罪をめぐる処罰のあり方について議論してきた。しかし、今年4月にとりまとめられた報告書案では、多くの論点について結論が先送りされている。

特に、性行為に対する「同意」 に関しては、委員たちが難しく考えすぎて、議論をこねくり回している印象を受けた。

性行為は、相手に「イエス」と言われたら進めればいいし、「ノー」と言われたらやめればいい。それだけの話だ。しかし現実には、相手の「ノー」を尊重しない者たちによって、強引な性行為が多発している。

そこに暴行や脅迫が存在しないことは、珍しくない。だが被害者にとっては、「同意をしていない」性行為であり、性暴力なのだ。これらを処罰対象とするために、どのような規定が必要なのかを、議論してもらいたい。

 参考までに、私が大学生たちに取材した事例を挙げよう:

 ---------------------------------------

【本気でノーと言っているのに(女子)】

アユミ(仮名)は私がインタビューをしている最中、時折咳き込んでいた。体調を崩しやすいのだという。大学年生のときにはインフルエンザにかかり、高熱にうなされた。だが当時付き合っていた彼氏は、そんなときでもセックスを求めてきた。

「本当に嫌だったんです、朦朧としていたのに。だから『嫌だ』って言ったんですけど……。彼はした後に『ゴメン』って。何がゴメンだよと思いました」 

普段は男性を気遣ってノーと言いづらいだけに、女性がノーと口にする時というのは、よほど嫌な時なのだと推測される。しかし、アンケートに続々と寄せられた女子学生たちの声からは、女性のノーが尊重されていない実態が明らかになった。

「嫌だといっても聞いてくれなくて、とても不快だった。私の気持ちより自分の欲求が大事なのかと、幻滅した」

「私は人でゆっくり話をしたり、眠ったりしたいのに、手を出してくる。嫌ではないので応えるが、あまり度が過ぎるのは嫌気がさしそう」

「寝ている時に無理やり迫られた。 泣いてもやめてくれない」

「初体験のとき、そんなに好きじゃない彼氏がどうしてもというので、根負けした」

「ノーといっても本気のノーとは気づかず、エッチしようとしてきた」

「とにかくムカついた。こっちのことは何も考えてない。自分の性欲だけで迫ってきた」

「家にいたときに強引に誘われた。抵抗したが、無理やり手をまとめられた」

セックスは、合意が必要な究極の行為である。女性が本気でノーと言っているのに、男性が口先だけのポーズだと思い込んで強引にコトを遂行すれば、もはや犯罪とされるべきだ。

いくらメディアからの情報を真に受けているとはいえ、目の前の女性がノーと言っているのは単に自分を焦らすためなのか、それとも本当に嫌がっているのかは、見分けがつかないものだろうか。

初体験のときに相手のノーを汲み取れなかったサトシ(仮名)は、自戒の念を込めて言う。

「『相手もそのつもりに違いない』って男が思い込んじゃう時って、大抵、ヤリたい時なんですよね」

-----------------------------------------

☆「性的同意」が尊重されていない事例集はこちら↓


『性情報リテラシー』(渡辺真由子著)
Amazon Kindle版
PDF版













☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




 






2021年5月11日火曜日

「SNSと性情報」のプロフェッショナルへ(Mカレ7月入学)


 

 

 

 

 

 

 

私が教鞭を執るMAYUMEDIAカレッジ(Mカレ)は、2020年4月の開校から1年間で、受講者数が早くも3倍に達した。

これも、ニッポンの性教育をより良いものにしたいと願い、性情報リテラシー教育にヒントを得てくださる皆さんのおかげである。

現在Mカレでは、医療専門職や国家公務員、大学教員など「子どもと性」に関わる方々が、北海道から沖縄まで全国で学んでいる。

性教育の世界標準とされるユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』と比較して、日本の「生命(いのち)の安全教育」には決定的に欠けているもの。それが「性情報」の読み解き能力、つまりメディア・リテラシーの育成だ。

こちらで紹介しているように、子どもたちが誤った性情報を鵜呑みにすることで、密室での性暴力を引き起こすことは珍しくない。

いまこそ私たちは「性情報リテラシー教育」に取り組み、ニッポンの性教育を世界標準へと変えていく必要がある。

あなたも、よろしければお仲間にどうぞ↓

性教育講師の方々を中心とした、スキルアップのための学び舎
Mカレ7月入学 体験セミナー







☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/





2021年4月20日火曜日

「生命(いのち)の安全教育」とユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(比較)

文科省などは、「性暴力の防止」を目的に、幼児期から大学生以上までの発達段階に応じた教材を、初めて作成した。

性教育のあり方についての世界標準といえば、 ユネスコが発行する『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』(2018年改訂)である。この国際ガイダンスと比較して、日本の「生命(いのち)の安全教育」はどのようなものだろうか。<幼児期・小学生>と<中学・高校生>の各段階でみてみよう。

<幼児期・小学生>
国際ガイダンスは、 新たに対応すべき重要課題の1つとして「情報通信技術(ICTs)の安全な使い方」を挙げる。早くも5歳から、インターネットやソーシャルメディアについて、利点や危険性を学ばせることを推奨している。

一方、生命(いのち)の安全教育が「SNS利用の注意点」について取り上げるのは、小学校高学年向けの教材からである。SNS絡みで犯罪被害にあう小学生の数が過去最多を更新している現状(警察庁調査)を鑑みれば、もう少し早めていいのではないか。

<中学・高校生>
生命(いのち)の安全教育は、中学生以上向けには「デートDV」や「性暴力」の問題も盛り込んでいる。これらの点については国際ガイダンスも、中学生向けに「望まない性的扱われ方」、高校生向けに「暴力的、または性的同意のない行為」の問題を理解させるよう促している。

ただし国際ガイダンスの場合、性暴力などの問題を、SNSをはじめとするメディアの「性的に露骨な情報」との関係から、子どもたちに考えさせていることが大きなポイントだ。

これは、「ネット上に氾濫する性情報や性的イメージは、多くの子ども・若者にとって最初の性教育になり得る」と、国際ガイダンスが懸念しているからに他ならない。子どもたちが1日中どっぷりネット等にハマっている、という状況は海外も同じなのだから、当然だろう。

したがって重要になるのが、メディアの性情報を読み解く「リテラシー能力」の育成である。国際ガイダンスも、改訂版における新たな学習課題として、「メディア・リテラシー」を打ち出した。

ところが生命(いのち)の安全教育ではなぜか、「性情報の影響や読み解き方」(性情報リテラシー)に関する記述は見当たらない。性暴力については取り上げつつ、その性暴力をめぐる意識や価値観を形作る存在(=性情報)への言及が、スッポリ抜け落ちているのだ。

子どもたちに「性情報のリテラシー」について教えることは、性加害が「なぜ起きるか」について、社会的な背景を考えさせることにもつながる。国が及び腰なら、お先にMAYUMEDIAカレッジで、この問題に取り組みますよ。

【参考論文】
『性情報をめぐるデジタル・シティズンシップ教育の展望』(渡辺真由子著、2020年)

 







☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




 

 

 

 

 

2021年4月7日水曜日

「生命(いのち)の安全教育」と性情報リテラシー

 「生命(いのち)の安全教育」と呼ばれる新たな性教育を、文部科学省が今年度から段階的に授業に導入することが報じられている。

「生命の尊さを学び命を大切にする教育、自分や相手、一人ひとりを尊重する教育を推進し、子供たちを性暴力の加害者にさせない、被害者にさせない、傍観者にさせないための教育・啓発活動を実施する」 と文科省。

この目標を達成するにあたっては、ユネスコが発行する『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』に基づく、人権やメディア・リテラシー教育をどう取り入れるかがポイントになろう。

なかでも重要なのが「メディアの性情報を読み解く力」の育成である。
子どもたちが誤った性情報を鵜呑みにすることが、密室での性暴力を引き起こすことは珍しくないからだ。(参考:『性的同意とメディアの性情報』【包括的性教育】

折しも、私が教鞭を執るMAYUMEDIAカレッジでは、受講生たち(現役の性教育講師など)が性情報リテラシー教育教材を開発し、指導モデルの発表会を開催したばかりである。
SNSが関わる自画撮り被害や、デートDVについても盛り込まれた。

「今年度から、地元で性情報リテラシー教育の普及を始めます!」と宣言する受講生も。う~む、頼もしい。







☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア







 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/



2021年3月30日火曜日

フジテレビ『めざまし8』で「ジェンダー問題」(出演)

フジテレビの朝の新番組『めざまし8』が初回(3月29日)、「ジェンダー問題」を特集し、私もスタジオでコメントした。

森喜朗元総理の「女性というにはあまりにもお年」発言や、テレビ朝日『報道ステーション』のウェブCMについて解説。

番組は、女性の参政権獲得から#Me Too運動まで「ジェンダー議論の流れ」を紹介したほか、 ジェンダーギャップ指数における日本の低さも取り上げた。先の『週刊女性』といい、大手メディアがいま、ジェンダー問題に正面から取り組もうとする新たな動きが起きつつある。

「配偶者を人前でどう呼ぶか」についても、男性出演者の間で盛り上がった。「妻」はいいけれど「家内」や「嫁」はNG、というのは、徐々に知られてきているようである。

ちなみに、女性が配偶者を「主人」と呼ぶのも頂けない。夫が主人なら妻は……召使い??
この「主人」という言葉、他人に対しても、丁寧語のつもりで使ってしまいがちなのでタチが悪い。

「配偶者をどう呼ぶか問題」は、なかなかに奥が深いのである。

参考文献はこちら:

『オトナのメディア・リテラシー』(渡辺真由子著、リベルタ出版/電子版)
PDF版





 

 


☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 





講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




2021年3月23日火曜日

『週刊女性』で「言葉使いとジェンダー」(コメント)

 

本日発売の『週刊女性』で、見開き2ページにわたりコメントしている。

『「ミスタードーナツ」「俺のイタリアン」は性差別なのか?』の記事にて。

タイトルだけだと語弊がありそうだが、店名うんぬんの言葉狩りではなく、要は「言葉使いとジェンダー」の話。
 
事の発端は、アメリカのおもちゃメーカーが、映画『トイ・ストーリー』にも登場する自社キャラクター「Mr.ポテトヘッド」について、'Mr.' の敬称を外すと発表したこと。
 
このニュースが日本で報じられると、某ベテラン男性芸人が違和感を唱え、ちょっとした騒ぎになった。
 
だがこれは、「ジェンダーニュートラル」の意味をよく理解していない、日本メディアによる報じ方の問題である。詳しくは記事内にて解説している。 

記事では他に、ファミリーマートによる「お母さん食堂」という名称も取り上げた。この名称に潜む構造的な問題とは何か?という点についてもコメント。
 
日本はこれまで、「言葉使いとジェンダー」への感度は鈍かったといっていい。私が教鞭を執るMAYUMEDIAカレッジでは、この問題をめぐり、受講生たちにディスカッションしてもらっている。
 
また記事は、国際基督教大学(ICU)が昨年設置した、性別に関係なく使える「オールジェンダートイレ」にも言及。LGBTの人々にとっては、選択肢が増える試みであろう。
 
ちなみに私がカナダに留学していた2005年、暮らした大学寮のトイレは既にオールジェンダー用であった。日本から来た身として、相当な衝撃だったことは事実である。
 
そしてカナダから帰国した後、まだ若造だった私は何を隠そう『週刊女性』の編集長(当時)とお会いする機会があった。
 
「貴誌の記事はジェンダー的に偏っているものが多いので、メディア・リテラシーの観点から読み解く自己批評コラムを設けたらどうですか。何なら私が書きまひょか」とご提案したら、「ウチにはそういうのは必要ないので」とアッサリ却下されたことをよく覚えている。
 
あれから10年あまり。同誌がジェンダーについて理解を深めるための記事を掲載し、私もそれにご協力することになるとは、不思議なめぐり合わせどすなあ。

 


 

 






☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 





講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




2021年3月4日木曜日

「コロナ禍に知っておきたい ネット・SNSでの人権と対策」講演(動画公開)

 


コロナ禍において、医療従事者・感染者への差別や、県外ナンバー攻撃、個人情報の特定といった問題が多発している。
これらについて私たちはどう考え、行動すれば良いのか?

講演会で、そんなお話をさせて頂いた。
主催は、徳島県立人権教育啓発推進センター。

「コロナ禍に知っておきたい ネット・SNSでの人権と対策」と題して、以下の内容を取り上げた:

 

・ネット・SNSがトラブルを招きやすい理由
・対策キーワード:「ネット・SNSリテラシー」とは?
・コロナ禍3大トラブルの現状とリテラシー:
①誹謗中傷
②個人情報の特定
③リベンジポルノ・自画撮り被害
・被害にあってしまったら

講演内容は、冊子にまとめられている。

また、ネット上でも講演動画を限定公開中とのこと。

視聴希望の方はこちらのフォームからどうぞ。













☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 





講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/