2020年9月9日水曜日

「メディアと賢く付き合う方法」講演(要旨)

 

ご報告が遅くなったが今年3月、
広島県福山市の男女共同参画センターにて講演を務めた。

いや正確には、コロナ禍で中止となったので、メッセージを寄せさせて頂いた。

講演予定だった内容の要旨もお読み頂けるので、よろしければどうぞ:

『メディアと賢く付き合う方法~男女共同参画の視点で情報を読み解く~』

 

 ☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア
性教育をメディア・リテラシーの観点から学ぶ性リテ銀座カレッジ




 

 

 

 



 






http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/

2020年8月26日水曜日

体験!コロナ・SNS時代の性教育(オンライン講座)

 

先の講演報告でもお話したように、コロナ禍のいま、ネットやSNSでアダルト情報を見たり、性行動に開放的になったりする子どもが増えてきている。あなたの身近なお子さんは如何だろうか?

いまこそ子どもたちに、メディアが発信する性情報をうのみにしない目、すなわち『性情報リテラシー』を育てなければならない。

「スマホに氾濫する性情報を子どもが見るのは危険!」という警鐘メッセージはよく耳にする。でもあなたは、具体的にどのような性情報が、どう子どもに影響するのか知っているだろうか?

望まない妊娠や性暴力、デートDV。ネットやSNSを始めとするメディアには、性的トラブルを誘発する情報があふれている。

子どもや若者たちは、それらの情報にどのように接し、自分の性意識や性行動に、どう反映させているのか?

性情報をうのみにすることで、現実の性的コミュニケーションに発生する弊害とは何だろう?

こうしたコロナ・SNS時代ならではの性の問題に対応するために、性リテ銀座カレッジで体験セミナーを開催することとなった。若者の「性体験」と「メディア」のつながりについて10年以上取材・研究をしているワタクシめが、性情報の影響実態について、赤裸々にお話させて頂く。

性情報リテラシー教育については、国連ユネスコも2018年から提唱を始め、SDGsの一環とも位置付けられている。性教育に関する最先端の知見に触れたいあなたも、どうぞお越しください。お申込みはこちらから。

では、オンラインでお会いしましょう!

 

☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓
メルマガ購読・解除


性的同意とメディア
性教育をメディア・リテラシーの観点から学ぶ性リテ銀座カレッジ




 

 

 

 



 






http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/


2020年8月7日金曜日

「コロナ・SNS時代の性教育と人権」高校生向け講演@オンライン

 

「コロナ・SNS時代の性教育と人権」高校生向け講演@オンライン

某国立大学の附属高校にて、講演を務めた。

2年生約160人が対象。テーマは「コロナ・SNS時代の性教育と人権」。

コロナ禍で登校が減り、時間を持て余すと、ネットやSNSでアダルト情報を見たり、性行動に開放的になったりする生徒も出てくる。

「夏休みに入る前の生徒たちに、互いの性の尊重や、メディアによる様々な弊害について確認をしてもらいたい」とのご依頼であった。

 講演では、メディア・リテラシーとジェンダーの関係に始まり、デートDVやリベンジポルノ、性的トラブルについてお話。

実は主催者の方は、かつて私の講演を取り上げた新聞記事(画像)をお読みになり、「この内容を是非高校生に届けてほしい」とお感じになったという。恐縮です。

なお、コロナ禍により今回の講演会はオンラインで行われた。ネット中継サービス「ZOOM」で学校のパソコンと私のパソコンをつなぎ、 生徒たちを集めた大教室のスクリーンに講演を映し出す、という形。

つまり、私は仕事場にいるまま、パソコンに向かって話をするわけですね。

コロナとの共生が求められる今後は、このようなスタイルの講演が増えていくことであろう。

余談だが、従来の大会場での講演用メイクをすると、パソコン画面のアップでは厚化粧に映ることを発見してしまいました。 


 ☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア
性教育をメディア・リテラシーの観点から学ぶ性リテ銀座カレッジ




 

 

 

 



 






http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/


2020年7月31日金曜日

ドラマ『報道バズ』(コメント)

HodoBuzz_KeyVisual_Yoko_16-9.PNG












*『報道バズ』公式サイトより

ニューヨーク在住の日本人クリエイターチームが制作したドラマ『報道バズ メディアの嘘を追いかけろ!』が、ネットで配信中だ。「やらせ報道」をはじめとする日本メディアの問題点や、女性の生き方について、海外ならではのしがらみのない視点で問いかける作品。

このたび、監督の川出真理氏からコメントのご依頼を頂き、早速全話を拝見した。

元テレビ局記者としてこの作品を見れば、大手メディア会社の社員として働くことがいかに窮屈か、いかに「タブー」ネタに足かせをはめられているか、思い当たる点は多々ある。権力機関への忖度や、会社からの人事評価を意識しながら働かざるを得ない社員記者を、私はジャーナリストとは呼ばない。私自身、社員記者時代は自分のことをジャーナリストとは、恐れ多くてとても言えなかった。

では、大手メディアから独立して晴れてジャーナリストとなれば、あるいはごく小規模なウェブメディアで働くのであれば、しがらみのない報道が可能なのだろうか。残念ながらそうとは言い切れない。ジャーナリストとして権力機関を大々的に批判すれば、執筆や講演の仕事に影響が出る。権力機関からの報復にも怯えなければならない。本作品で、ベテランのジャーナリストの女性が大手メディアを批判した顛末のエピソードは、こうした限界をよく示している。もちろん、ウェブメディアといえどもタブーに切り込めば、スポンサーが委縮し、お金が入らない。

とはいえ本作品を見る方は、「やっぱりメディアに公正中立な報道は期待できない」と諦めるのではなく、どうすればメディアがタブーに切り込めるようになるかを考えてもらいたい。クラウドファンディングで取材資金を支援したり、SNS上で応援したりするのもいいだろう。自身が現状を変える気概を持ち、メディア業界で働き始めるのも素晴らしい。

メディア・リテラシーの教材としても、本作品はお薦めである。報道倫理の形骸化やジェンダーの偏りといった、現代のメディアがはらむ問題を理解すること。それにより、メディアの発信内容を鵜呑みにせず、批判的に読み解く目が見る者に養われることを願う。




☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓
メルマガ購読・解除


性的同意とメディア
性教育をメディア・リテラシーの観点から学ぶ性リテ銀座カレッジ




 

 

 



 








http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/


2020年7月17日金曜日

【クールジャパンは児童ポルノか?】児童ポルノ禁止法改正の裏側

*追記あり

小学4年生の女の子を刃物で脅して車に連れ込み、性的暴行をした疑いで先日、神奈川県内の男が逮捕された。

幼い子どもを狙う性犯罪が続発する現状を、私たちはいつまで放置しておくのか。

私たちが暮らすこの社会は、子どもが性の対象として弄ばれている姿を、日常的に目にすることが出来る社会だ。

そう、あなたはスマホで、子どもが性行為をしている漫画の広告を見ることはないだろうか。

海外には、子どもを性的に描く創作物(漫画やアニメ、ゲーム)を禁止している国々もある。なぜ日本ではいまだに、これらが合法なのか?

実は、児童ポルノ禁止法の改正が議論されるたびに、創作物の規制を求める声も上がってはいた。しかし、そうした声はすぐにかき消されてきたのだ。

一体この国では、児童ポルノ禁止法改正の裏側で何が起きていたのか。子どもの人権や性暴力に問題意識を抱く大人として、知っておく必要があるだろう。

私が発行する週刊メールマガジンでは、今月からこの問題を掘り下げていく。

児童ポルノ禁止法の改正案について、国会で起草者と議員が交わした質疑とはどのようなものだったのか? 規制対象の当事者となる出版業界と、法をめぐる議論や解釈に重要な役割を果たすとされる弁護士会は、果たしてどんな意見を表明していたのか?

これらを分析することで、児童ポルノの創作物規制に対し、立法関係者たちがどのような視点を持っているかを明らかにする。

http://www.mag2.com/m/0001087460.html「子どもを性の対象にしても良い」というメッセージを発信するのが児童ポルノだ。そのメッセージは、創作物であっても変わらない。


冒頭の事件と似たようなストーリーの漫画も、存在する。

児童ポルノ禁止法は、またいずれ改正される可能性がある。
その裏側を学んだ知識を、「子どもの性の尊厳が守られる社会作り」へ向けたあなたの活動に、役立ててみませんか?

『渡辺真由子の週刊メディリテ!』初月無料。チラ読みあり)

【追記】
このメルマガに発表していた記事の一部が、発行元「まぐまぐ」
のニュースサイトに掲載された。同記事はシェアランキング2位を記録。多くの皆様に問題意識を共有頂き、ありがとうございます⇒『クールジャパンは児童ポルノか?』



☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓
メルマガ購読・解除


https://note.mu/mayumania









講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




2020年6月29日月曜日

ネット・トラブルと子どもの心



https://seilite20208.peatix.com


突然だがあなたは、
子どものネット・SNSトラブルに心配が尽きないのではないだろうか。
性的な問題が多発しているのも不安であろう。

でも、子どものネット利用とどう向き合えばいいのか、わからなくなっていないだろうか?
頭ごなしに怒ったり、利用を禁止したりしても、子どもは反発するだけだ。

子どもには子どもの言い分がある。
ネットやSNSをどんな気持ちで利用し、どんなことに悩んでいるのかを理解して、「子どもに寄り添える大人」を目指したいもの。

そこで、この7月から、
性リテ銀座カレッジで『ネット・トラブルと子どもの心』の連続講座が始まる。

全国の教育委員会や男女共同参画センターから、ご好評を頂いているこの講義。
ネット・リテラシーと子どもの人権を専門とするワタクシめが、20年の取材経験に基づきながら、ネットやSNSトラブルをめぐる子どもの心理を解説する。

「子どもの心に響く声かけをしたい」と感じるあなたにおすすめだ。


もちろんオンラインでご参加頂けるので、遠くにお住まいの方もどうぞ。

【カリキュラム(全6回)】

・第1回:ネットいじめ
・第2回:SNSと個人情報、LGBT
・第3回:SNSの出会い問題 
・第4回:リベンジポルノ・自画撮り被害
・第5回:恋愛とデートDV
・第6回:子どもの性的搾取をめぐる国際動向


☆詳細&お申込みはこちら 

ちなみに先日、「テレビ番組からインタビューを受けました」と、助産師として働く受講生の方からご連絡を頂いた。出産や子育てに関して、メディアで話すことが時々あるとのこと。
「性リテ銀座カレッジで学んだメディア・リテラシーが役立っています」とのお言葉。受講生の方々がこれから活躍していかれるのは、嬉しいことである。
また体験セミナーには、なんと北海道の方からもご参加が。
「とても面白かったです!」とのこと。
こちらこそ、ありがとうございます☆



☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓
メルマガ購読・解除


https://note.com/mayumania/n/ne535af7dded8
https://www.asmle.com/college/




  


 








http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/