2021年9月7日火曜日

「ネット・リテラシーとジェンダー」講演

 ネット情報とジェンダー、どう見る? どう付き合う? ~自分を守るために~」と題して、講演を務めた。

主催は、東京都台東区立男女平等推進プラザ。一般の方々を対象としたオンライン講演である。

「メディア・リテラシーとは?なぜ必要?という基礎部分とともに、ジェンダーの視点を取り入れながら、メディアや情報との向き合い方を伝えてほしい」とのご依頼趣旨。

下記の内容をお話させて頂いた:

・メディア・リテラシーとは?
・ニュースの作られ方
・インターネットを読み解く
・ジェンダーとメディア
・インターネットとジェンダー

ワークショップも取り入れたところ、参加者からは
「CMでは、相変わらず女性ばかりが掃除や料理をしている」
「小学生の娘が、YouTubeのメイク動画にはまっていて心配」
などの意見が。

そう、私たちが身の回りで感じる違和感には、ジェンダーが絡んでいることが多いのです。

ちなみに今回の講演会は、主催者側のスタッフの方が、他自治体で行われた私の講演に参加されたことから企画くださったという。

「他自治体でのウワサを聞きまして……」とご依頼を頂くことは、実はとても多い。
お世話になった皆さま、ありがとうございました!

 

【参考文献】

『オトナのメディア・リテラシー』(渡辺真由子著、リベルタ出版/電子版)





 

メディア・リテラシーとジェンダーをオンライン講座で学ぶ【10月入学受付中】

 

 


 

 

☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア






 

 

 

講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




2021年9月2日木曜日

「令和の津田梅子」!?(性教育インタビュー)



 

 

 

 



ウェブメディア『Rerise News』の動画インタビューをお受けした。

テーマは「夢やビジョン」とのことで、なかなか壮大。

私も負けじと、「令和の津田梅子を目指したい」と大きく出させて頂いた。

津田梅子氏といえばご存知、日本の女子教育にグローバルな視点を取り入れたパイオニアである。

私も僭越ながら、海外3ヵ国の大学でメディア・リテラシーやジェンダーを学んだ者として、日本女性を「世界基準の性教育」のスペシャリストに育てたいと目論んでいるのだ。

世界基準の性教育、それは「人権」を重視する性教育である。
ユネスコの『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』は近年、「デジタル時代の新たな性教育」を重要課題とし、「メディア・リテラシー」や「ジェンダー」、「SNSトラブル」の学習を推奨している。

これらを総称して、「性情報リテラシー教育」と私は呼んでいる。

しかし、いずれの学習項目も、日本ではまだ馴染みが薄いものであろう。
まずは、子どもや若者にきちんと教えられる、性教育担当者を育てなければならない。

詳しくはインタビューをどうぞ。

ちなみに私は通常、動画による発信は行っていないので、今回のコンテンツは貴重(?)と思われます。しかも珍しく和装姿どす。

インタビューの最後には、我が座右の銘もご紹介してをり。

☆「世界基準の性教育」のスペシャリストを育てる銀座MAYUMEDIAカレッジは、ただいま10月入学希望者の出願を受付中









☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア






 

 

 

講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




2021年8月24日火曜日

フジテレビ『バイキングMORE』で「旭川女子中学生凍死」(出演)


 

 

 

 

 

 

 

北海道旭川市で今年3月、女子中学生が凍死しているのが見つかった問題。

昨日のフジテレビ『バイキングMORE』が取り上げ、私もスタジオ出演した。

・学校側の対応の問題点について
・いじめ防止対策推進法との乖離について
・教育委員会のあり方について

……などをお話。

現在は旭川市教育委員会が、この問題をいじめの疑いがある「重大事態」として、第三者委員会による調査を進めている。
だが、当事者でもある市教委が手配した第三者委員会で、はたして公平・中立性が担保されるのかは疑問だ。

また一部報道によれば、被害者は加害少年側から、自身のわいせつな画像の撮影を強要され、SNSで拡散される被害にも遭っていたという。事実であれば、いじめというより「性犯罪」である。

子どもたちを性の加害者にも被害者にもしないために、「人権に基づいた性教育」の推進が、一層求められよう。

【参考文献】

『大人が知らない ネットいじめの真実』(渡辺真由子著)


  






 
『リベンジポルノ~性を拡散される若者たち~』(渡辺真由子著)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E%E2%80%95%E6%80%A7%E3%82%92%E6%8B%A1%E6%95%A3%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%8B%A5%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90/dp/4335551754/ref=as_sl_pc_tf_mfw?&linkCode=wey&tag=mediaw-22

 

 

 

 

 



性教育とメディアの問題をオンライン講座で学ぶ

 

 


 

 

☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア






 

 

 

講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/




2021年7月20日火曜日

大学で「アスリートの性的画像問題とジェンダー」講演


甲南大学にて、『SNS・インターネットがはらむ危険性~ネット・リテラシーについて~』と題し、講演を務めた。

「課外活動安全講習会」として開催されたイベントで、課外活動団体の指導者および幹部学生、約180人がご参加。

コロナ禍の影響で、学生たちの間に「オンライン新歓」やSNSの活発な利用が広がるなか、 個人情報の流出や不適切な画像の取扱いに注意喚起してもらいたい、とのご依頼であった。

さらに、同大学はスポーツ強豪校であるため、最近問題になっている「アスリートの性的画像」の盗撮についても、現状と対策をめぐる解説を希望された。

アスリートの性的画像に関するリテラシーとして、まず知るべきなのは、
ユニフォームと「多様性」の関係である。

IOC(国際オリンピック委員会)の『ジェンダー平等報告書』(2018)は、
ユニフォームに「男女間の不当な違い」がないことや、
ユニフォームの選択が「アスリートの考え」に基づくことを推奨している。

一方、日本の女性アスリートは、露出度の高いユニフォームに抵抗を感じつつも、
所属団体などの意向を気にして、なかなか声を挙げられないことがある。

はたして日本のスポーツ界は、アスリートがユニフォームについて自分の意見を言えたり、選べたりする環境を整えているだろうか。

さらに、競技関係者や学生に対する「ジェンダー研修・教育」も、
性的画像のリテラシーを高める上で不可欠だ。

アスリートが「性的対象物」としておとしめられる背景には、
我々の社会における「ジェンダー観の偏り」が潜む。
これを是正していくために、メディアにもスポーツ界にも、そして個人にも、
出来ることはある。

例えば、競技団体によっては公的な撮影の場で、女性アスリートに、
性的に切り取られやすいポーズをさせている例も見受けられる。
アスリートは立場上「ノー」と言いづらいだけに、幹部らの一層の配慮が必要だ。

さて、質疑応答時には、指導者の方々より
「学生から相談を受けたときの対応方法」についてお尋ねがあった。
対応方法がまずいと、その学生は2度と相談してこない。
私からは、「学生を二次被害に遭わせない」ための心構えを、お話させて頂いた。

「講演会後、早速複数の参加者から感想などが寄せられ、非常に意義のある会であったと実感しております」と主催者の方。
こちらこそ、ありがとうございました。

ちなみに、甲南大学は神戸に位置する。
関西育ちの私としては、久々に六甲山のロープウェーに乗りました……
と言いたいところだが、今回は丸の内キャンパスからのリモート講演であった。

また、同大学からは青山華依選手が、
東京オリンピックの陸上女子400メートルリレーに出場するとのこと。
ご健闘をお祈りします!


【参考文献】
『リベンジポルノ~性を拡散される若者たち~』(渡辺真由子著)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E%E2%80%95%E6%80%A7%E3%82%92%E6%8B%A1%E6%95%A3%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E8%8B%A5%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1-%E6%B8%A1%E8%BE%BA-%E7%9C%9F%E7%94%B1%E5%AD%90/dp/4335551754/ref=as_sl_pc_tf_mfw?&linkCode=wey&tag=mediaw-22

 

 

 

 

 

 

 

▼メディア・リテラシーとジェンダーをオンライン講座で。

 

 

 

 

 

☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア






 

 

 

講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/





2021年7月15日木曜日

発信コンテンツにおけるジェンダー表現のあり方(監修)

 某大手情報サイトを運営する企業から、
「発信コンテンツにおけるジェンダー表現を監修してもらえないか」との
ご相談を頂いた。

そのコンテンツのテーマは「恋愛・結婚」。
確かに、なにかとジェンダー表現が偏る分野である。

企業側としては、媒体や制作物の文章、説明用のイラストなどに関し、表記のガイドラインを新たに作成したいという。性差別的な表現や、業界的なワード・マナー・風習などの表現も、アップデートしたいとのこと。

「恋愛・結婚」をめぐるビジネスは、旧来の"男性性"や"女性性"に根差したマーケティングがされがちな部分もあろう。

しかし、「ダイバーシティ(多様性)」や「インクルージョン(包括)」の必要性をめぐる認識が世界レベルで高まっているいま、日本企業もいつまでも変化を拒んではいられない。

「気づいた」企業が増えれば、新しい流れが生まれる。
先日のテレビ番組でコメントしたような広告や発言もなくなり、ジェンダー平等な国へとステップアップしていく。

楽しみじゃ、あ~りませんか(チャーリー浜氏風)。


ジェンダー表現に関する監修・アドバイスについて

 

【参考文献】

『オトナのメディア・リテラシー』(渡辺真由子著、リベルタ出版/電子版)








 

☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア






 

 


 

▼メディア・リテラシーとジェンダーをオンライン講座で。

 

 

 

 

 

講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/





2021年5月19日水曜日

性犯罪の暴行・脅迫要件に見直しが必要な理由(法務省検討会)

法務省の「性犯罪に関する刑事法検討会」は昨年から、性犯罪をめぐる処罰のあり方について議論してきた。しかし、今年4月にとりまとめられた報告書案では、多くの論点について結論が先送りされている。

特に、性行為に対する「同意」 に関しては、委員たちが難しく考えすぎて、議論をこねくり回している印象を受けた。

性行為は、相手に「イエス」と言われたら進めればいいし、「ノー」と言われたらやめればいい。それだけの話だ。しかし現実には、相手の「ノー」を尊重しない者たちによって、強引な性行為が多発している。

そこに暴行や脅迫が存在しないことは、珍しくない。だが被害者にとっては、「同意をしていない」性行為であり、性暴力なのだ。これらを処罰対象とするために、どのような規定が必要なのかを、議論してもらいたい。

 参考までに、私が大学生たちに取材した事例を挙げよう:

 ---------------------------------------

【本気でノーと言っているのに(女子)】

アユミ(仮名)は私がインタビューをしている最中、時折咳き込んでいた。体調を崩しやすいのだという。大学年生のときにはインフルエンザにかかり、高熱にうなされた。だが当時付き合っていた彼氏は、そんなときでもセックスを求めてきた。

「本当に嫌だったんです、朦朧としていたのに。だから『嫌だ』って言ったんですけど……。彼はした後に『ゴメン』って。何がゴメンだよと思いました」 

普段は男性を気遣ってノーと言いづらいだけに、女性がノーと口にする時というのは、よほど嫌な時なのだと推測される。しかし、アンケートに続々と寄せられた女子学生たちの声からは、女性のノーが尊重されていない実態が明らかになった。

「嫌だといっても聞いてくれなくて、とても不快だった。私の気持ちより自分の欲求が大事なのかと、幻滅した」

「私は人でゆっくり話をしたり、眠ったりしたいのに、手を出してくる。嫌ではないので応えるが、あまり度が過ぎるのは嫌気がさしそう」

「寝ている時に無理やり迫られた。 泣いてもやめてくれない」

「初体験のとき、そんなに好きじゃない彼氏がどうしてもというので、根負けした」

「ノーといっても本気のノーとは気づかず、エッチしようとしてきた」

「とにかくムカついた。こっちのことは何も考えてない。自分の性欲だけで迫ってきた」

「家にいたときに強引に誘われた。抵抗したが、無理やり手をまとめられた」

セックスは、合意が必要な究極の行為である。女性が本気でノーと言っているのに、男性が口先だけのポーズだと思い込んで強引にコトを遂行すれば、もはや犯罪とされるべきだ。

いくらメディアからの情報を真に受けているとはいえ、目の前の女性がノーと言っているのは単に自分を焦らすためなのか、それとも本当に嫌がっているのかは、見分けがつかないものだろうか。

初体験のときに相手のノーを汲み取れなかったサトシ(仮名)は、自戒の念を込めて言う。

「『相手もそのつもりに違いない』って男が思い込んじゃう時って、大抵、ヤリたい時なんですよね」

-----------------------------------------

☆「性的同意」が尊重されていない事例集はこちら↓


『性情報リテラシー』(渡辺真由子著)
Amazon Kindle版
PDF版













☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/


2021年5月11日火曜日

「SNSと性情報」のプロフェッショナルへ(Mカレ7月入学)


 

 

 

 

 

 

 

私が教鞭を執るMAYUMEDIAカレッジ(Mカレ)は、2020年4月の開校から1年間で、受講者数が早くも3倍に達した。

これも、ニッポンの性教育をより良いものにしたいと願い、性情報リテラシー教育にヒントを得てくださる皆さんのおかげである。

現在Mカレでは、医療専門職や国家公務員、大学教員など「子どもと性」に関わる方々が、北海道から沖縄まで全国で学んでいる。

性教育の世界標準とされるユネスコ『国際セクシュアリティ教育ガイダンス』と比較して、日本の「生命(いのち)の安全教育」には決定的に欠けているもの。それが「性情報」の読み解き能力、つまりメディア・リテラシーの育成だ。

こちらで紹介しているように、子どもたちが誤った性情報を鵜呑みにすることで、密室での性暴力を引き起こすことは珍しくない。

いまこそ私たちは「性情報リテラシー教育」に取り組み、ニッポンの性教育を世界標準へと変えていく必要がある。

あなたも、よろしければお仲間にどうぞ↓

性教育講師の方々を中心とした、スキルアップのための学び舎
Mカレ7月入学 体験セミナー







☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 

 


講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/