2017年3月23日木曜日

「思春期とデートDV・SNS」講演

日本家族計画協会が主催する「思春期保健セミナー」にて
講師を務めた。

このセミナーは厚生労働省や文部科学省などが後援しており、
医師や保健師、養護教諭などの方々が受講。
全コースを修了すると「思春期保健相談士」として
同協会から認定されるという。

今年度は、「時代に即応した斬新なセミナーを企画したい」とのことで
私をお招き頂いた模様。
責任重大である。

「思春期とデートDV・SNS」 と題した講義では、
このような内容をお話:

・ネット・SNSがトラブルを招きやすい理由
・対策キーワード:「SNSリテラシー」とは?
・デートDVの罠
・性的暴力の現状とSNSリテラシー
1.リベンジポルノ
2.性情報の誤解
・被害にあってしまったら

https://gumroad.com/l/loveliteracy#
「性的暴力」を含むデートDVは、
メディアが発信する性情報の影響も大きいと
考えられる。
誤った性情報を鵜呑みにしないためには、
自分の頭で情報を読み解く能力(リテラシー)が
必要だ。
詳しくは拙著『性情報リテラシー』で、
具体例を挙げながら解説している。
(皆さまからのご要望にお応えし、
PDF版がお求め頂けるようになりました!)

ちなみに、
日本製のAVやアダルト動画は世界的に人気を博しており、
性情報が若者に与える影響への対策は、国際的な課題でもあろう。
国連のような国際機関にも是非、性情報リテラシー教育の普及に
取り組んでもらいたいものである。

今回の講義では、以下のような
数多くの感想をお寄せ頂いた:

・今の時代ならではの必要なテーマだと思い、とても勉強になりました。子どもたちが興味を持つ性的な媒体への「本物の指導」が必要だと、方向性を考えさせられました。
・まさに学校で問題となっているテーマで、子どもの心理が理解出来た気がします。なぜ写真を撮らせるのかの背景を考え、ケアしていきたいと思います。
・学校や医療関係者以外の先生のお話は、とても興味深かった。実際に取材されたリアルな子どもの声が沢山あり良かった。
・SNSトラブルにかかわる少年たちと接するため、問題点や少年の心理を改めて整理することが出来ました。
・デートDVや性情報の誤りについて、中学生への指導方法が見えてきた。
・デートDVの成り立ちは、自分が想像していたものとは全く違っていました。SNSへの関わりと危険性について勉強になりました。
・若者のSNSトラブルは正直、不明な点が多かったため、とても参考になりました。特にデートDVやリベンジポルノについて学べて良かったです。
・リベンジポルノについて、なぜ撮らせるのか疑問でしたが、実際に撮らせた子の話を聞くことが出来、その子たちなりの思いがあることが知れ、参考になりました。
・情報教育と性教育はセットで教えることが重要と理解しました。
・性的な画像を撮らせた本人を責めるのではなく、子どもに寄り添うこと、共感すること、不安に寄り添うことが大事ということが参考になった。子どもたちが傷づかないように、出来ることをしていきたい。

……などなど、他にも大量の感想を頂いており、とても紹介しきれない。

関係者の皆様、
ありがとうございました!


ブログ記事の更新チェックが面倒なアナタはこちらをどうぞ↓
メルマガ購読・解除


「性情報リテラシー」の知っておきたいポイントを毎週お届け!
  豊富な事例でわかりやすく解説する『まゆマガ』: 

http://www.mag2.com/magspe/interview57/








  


Facebookサロン
https://salonde.jp/mayuko







講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

有料メルマガ「まゆマガ。」

渡辺真由子 公式サイト
http://www.mayumedia.com/





2017年3月7日火曜日

新聞でネット・リテラシー特集(協力)


8日(水)朝刊の
東京・中日・北陸中日新聞で
「子どものネット利用」が特集され、
インタビューにお答えしている。

中日新聞社による
企画広告とのことで、
ページ片面全体が特集記事。
「スマホ世代の子どもたちにどう接するか?」を、
保護者の方々に
学んでもらう内容だ。

私がこの記事でお話した
子どものネットトラブルの現状や、
家庭で出来るネット・リテラシー教育については、
拙著『大人が知らない ネットいじめの真実』
『リベンジポルノ~性を拡散される若者たち』
より詳しくご紹介している。

https://mayumedia.blogspot.jp/2017/02/blog-post_9.htmlまた、
子どもとメディアといえば、
私が近年取り組んでいるのは
児童ポルノ問題である。

特に、子どもを性の対象として描く
マンガやアニメ、ゲームといった
「創作子どもポルノ」の規制のあり方は
どうあるべきか、を
国際規範の観点から研究している。

子どもと人権をめぐる課題に関心のある方は、
よろしければご参照下さい



ブログ記事の更新チェックが面倒なアナタはこちらをどうぞ↓
メルマガ購読・解除


「性情報リテラシー」の知っておきたいポイントを毎週お届け!
  豊富な事例でわかりやすく解説する『まゆマガ』: 

http://www.mag2.com/magspe/interview57/








  


Facebookサロン
https://salonde.jp/mayuko







講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

有料メルマガ「まゆマガ。」

渡辺真由子 公式サイト
http://www.mayumedia.com/


2017年3月1日水曜日

「自画撮り被害とリベンジポルノ」講演

「ネット社会の中にあるDV
~なぜ若者は性的撮影に応じてしまうのか~」
と題し、講演を行った。
富山県女性財団の主催。

・リベンジポルノが生まれる背景
・若者の被害者と加害者の心理的な動き
・自画撮りとリベンジポルノへの対策

…といった内容をお話させて頂いた。

受講者からは下記のような感想が:

・「被害者にも非があるという考え方を改めなければと思った」

・「被害者や加害者の気持ちがわかって良かった」

・「今後の活動に活かせる視点をもらえた」

などなど。
 
自分の裸等をスマートフォン等で撮影する「自画撮り」は、
他者にその画像を送ってしまえば、
悪用された場合に深刻な被害を被る。

私も委員を務める東京都の青少年問題協議会では、
こうした「自画撮り」被害への対策を審議する予定だ。
子どもたちに辛い思いをさせないための施策を検討出来れば、と考えている。


http://www.amazon.co.jp/dp/4335551754/
自画撮り被害の現状と対策について
詳細な解説は、
拙著 『リベンジポルノ
~性を拡散される若者たち』
で述べている。


■著者インタビュー記事はこちら



ところで冒頭の画像は、
富山市内の運河沿いにあるスターバックス。
 「世界一美しいスタバ」と呼ばれるお店である。
水の流れと移りゆく空を眺めながらのひとときを体験できるとは、贅沢ですね。


ブログ記事の更新チェックが面倒なアナタはこちらをどうぞ↓
メルマガ購読・解除


「性情報リテラシー」の知っておきたいポイントを毎週お届け!
  豊富な事例でわかりやすく解説する『まゆマガ』: 

http://www.mag2.com/magspe/interview57/








  


Facebookサロン
https://salonde.jp/mayuko







講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

有料メルマガ「まゆマガ。」

渡辺真由子 公式サイト
http://www.mayumedia.com/