2020年8月26日水曜日

体験!コロナ・SNS時代の性教育(オンライン講座)

 

先の講演報告でもお話したように、コロナ禍のいま、ネットやSNSでアダルト情報を見たり、性行動に開放的になったりする子どもが増えてきている。あなたの身近なお子さんは如何だろうか?

いまこそ子どもたちに、メディアが発信する性情報をうのみにしない目、すなわち『性情報リテラシー』を育てなければならない。

「スマホに氾濫する性情報を子どもが見るのは危険!」という警鐘メッセージはよく耳にする。でもあなたは、具体的にどのような性情報が、どう子どもに影響するのか知っているだろうか?

望まない妊娠や性暴力、デートDV。ネットやSNSを始めとするメディアには、性的トラブルを誘発する情報があふれている。

子どもや若者たちは、それらの情報にどのように接し、自分の性意識や性行動に、どう反映させているのか?

性情報をうのみにすることで、現実の性的コミュニケーションに発生する弊害とは何だろう?

こうしたコロナ・SNS時代ならではの性の問題に対応するために、性リテ銀座カレッジで体験セミナーを開催することとなった。若者の「性体験」と「メディア」のつながりについて10年以上取材・研究をしているワタクシめが、性情報の影響実態について、赤裸々にお話させて頂く。

性情報リテラシー教育については、国連ユネスコも2018年から提唱を始め、SDGsの一環とも位置付けられている。性教育に関する最先端の知見に触れたいあなたも、どうぞお越しください。お申込みはこちらから。

では、オンラインでお会いしましょう!

 

☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓
メルマガ購読・解除


性的同意とメディア
性教育をメディア・リテラシーの観点から学ぶ性リテ銀座カレッジ




 

 

 

 



 






http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/


2020年8月7日金曜日

「コロナ・SNS時代の性教育と人権」高校生向け講演@オンライン

 

「コロナ・SNS時代の性教育と人権」高校生向け講演@オンライン

筑波大学の附属高校にて、講演を務めた。

2年生約160人が対象。テーマは「コロナ・SNS時代の性教育と人権」。

コロナ禍で登校が減り、時間を持て余すと、ネットやSNSでアダルト情報を見たり、性行動に開放的になったりする生徒も出てくる。

「夏休みに入る前の生徒たちに、互いの性の尊重や、メディアによる様々な弊害について確認をしてもらいたい」とのご依頼であった。

 講演では、メディア・リテラシーとジェンダーの関係に始まり、デートDVやリベンジポルノ、性的トラブルについてお話。

実は主催者の方は、かつて私の講演を取り上げた新聞記事(画像)をお読みになり、「この内容を是非高校生に届けてほしい」とお感じになったという。恐縮です。

なお、コロナ禍により今回の講演会はオンラインで行われた。ネット中継サービス「ZOOM」で学校のパソコンと私のパソコンをつなぎ、 生徒たちを集めた大教室のスクリーンに講演を映し出す、という形。

つまり、私は仕事場にいるまま、パソコンに向かって話をするわけですね。

コロナとの共生が求められる今後は、このようなスタイルの講演が増えていくことであろう。

余談だが、従来の大会場での講演用メイクをすると、パソコン画面のアップでは厚化粧に映ることを発見してしまいました。 


 ☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア
性教育をメディア・リテラシーの観点から学ぶ性リテ銀座カレッジ




 

 

 

 



 






http://www.mag2.com/m/0001087460.html



<あふれる情報に戸惑っていませんか?
 メディアを見極めるメルマガ、登場!>










講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/