2021年3月30日火曜日

フジテレビ『めざまし8』で「ジェンダー問題」(出演)

フジテレビの朝の新番組『めざまし8』が初回(3月29日)、「ジェンダー問題」を特集し、私もスタジオでコメントした。

森喜朗元総理の「女性というにはあまりにもお年」発言や、テレビ朝日『報道ステーション』のウェブCMについて解説。

番組は、女性の参政権獲得から#Me Too運動まで「ジェンダー議論の流れ」を紹介したほか、 ジェンダーギャップ指数における日本の低さも取り上げた。先の『週刊女性』といい、大手メディアがいま、ジェンダー問題に正面から取り組もうとする新たな動きが起きつつある。

「配偶者を人前でどう呼ぶか」についても、男性出演者の間で盛り上がった。「妻」はいいけれど「家内」や「嫁」はNG、というのは、徐々に知られてきているようである。

ちなみに、女性が配偶者を「主人」と呼ぶのも頂けない。夫が主人なら妻は……召使い??
この「主人」という言葉、他人に対しても、丁寧語のつもりで使ってしまいがちなのでタチが悪い。

「配偶者をどう呼ぶか問題」は、なかなかに奥が深いのである。

参考文献はこちら:

『オトナのメディア・リテラシー』(渡辺真由子著、リベルタ出版/電子版)





 

 


☆このブログの更新チェックが面倒なあなたはこちら↓

メルマガ購読・解除


性的同意とメディア





 

 

 

 





講演のお問い合わせ

メディア協力

大学講義

渡辺真由子 公式サイト

http://www.mayumedia.com/